天窓の魅力

天窓のある浴室

■天窓とは

「天窓」とは、建物の屋根や天井に取り付けられた窓のことです。天窓がある家は、それだけでとても開放的に見え、おしゃれな印象を受けます。でも、天窓の本当の魅力は、そのような見た目のイメージだけではありません。
天窓には、光を取り込み、換気を行い、排煙する等の機能があります。トップライトと呼ばれることもあります。
天窓は、北向きの家や、窓が1つの面にしかない等、光が入りにくい建物に設置されるケースが多いです。窓に開閉は、「手動式」と「電動式」、そして、開閉できない「固定式」があります。ガラスの強度もいろいろ種類があり、ブラインドや網戸と組み合わせるなど、設置場所に合わせて最適な機能を選択することが可能です。

■天窓の魅力・メリット

天窓の最大のメリットは、お部屋を明るくできることです。昼間の自然光の明るさでは、気象条件の様々な影響を受けますが、屋根や天井に取り付けられている天窓は、壁に取り付けられている側窓よりも約3倍の強さの明るさが得られます。
近隣の建物に太陽光が遮られにくいという利点があるため、1階は日陰になっていたとしても、より高い位置で採光できる天窓は、日陰にならないことが多いのです。
光が入りやすいのと同時に、風が通りやすいというメリットもあります。室内に風の通り道をちゃんと作ることは、快適な住まいにするために、とても重要なポイントとなります。天窓は、風の通り道を作るのに適しています。
室内のあたたかい空気は上へ昇るので、天窓を開けておくことで、1階から上に向かって風の流れができるため、特に夏場は快適な状態になります。
明るさと通風性の両方を兼ね備えることができれば、照明器具やエアコンの出番が減りますね。つまり、光熱費を抑えることも可能になります。さらに、断熱性の高いガラスを使うことで、夏場は熱がこもりにくく、
冬場は屋外へ熱が出ていくことを防げるので、より効果的な構造となります。

■天窓にもデメリットはあります

ここまで、天窓のメリットを見てきましたが、天窓にもやはりデメリットはあります。
まず、光を取り込みやすいというメリットと背中合わせの話になるのですが、天窓はどうしても「暑い」というデメリットがあります。日当たりの良さがあるために、太陽の光だけでなく、太陽の熱もまた室内に入りやすくなります。この点については、太陽の直射光を遮るためのブラインドを用いたり、熱を反射しやすい素材のガラスを使うなどの工夫で、暑さをやわらげる製品が一般的になってきています。
次に、「雨漏りしやすい」という点が挙げられます。屋根は、家の中で最も雨や風の影響を受けやすい部分なので、天窓を作る場合、取り付けをしっかりしておかないと、雨漏りのリスクが増えてしまいます。中でも特に、リフォームで天窓を設置するケースでは、施工不良による雨漏りの事例がめずらしくありません。
また、天窓を寝室の近くに付ける場合に気を付けたいのが、雨音です。壁面の窓よりも、台風などの大雨のときの音がうるさいのが、天窓のデメリットです。天窓には雨よけがないため、どうしても雨が直接当たってしまいます。そのため、音に敏感な方だと、夜中は雨音が気になって寝つけないことがあるかもしれません。
そして、「メンテナンスがしにくい」という難点もあります。天窓は高い所に設置されるため、どうしてもメンテナンスがしにくいというデメリットがあります。例えば、ガラスの汚れや窓枠についたホコリなどが気になったとしても、思うように手が届かず、なかなか掃除ができないという場合もあります。

■天窓をつくるのに適した住まいの条件は?

まず1つ目は、家の周囲を住宅に囲まれている、住宅密集地にある家です。近隣の家との距離が近いと、十分な明るさが取れなかったり、通風もままならないことがあります。そんな場合、天窓は有効な解決策のひとつとなります。
2つ目は、吹き抜けがあるようなタイプの家です。デザイン性はもちろんのこと、小さな窓をいくつも付けるよりも、天窓を1つ設置するほうが効率的で経済的なケースがあります。
3つ目は、敷地面積の広い平屋の家です。住宅の真ん中に近いところに窓が取りにくい構造の場合、ひとつの選択肢として、中庭を設置するというケースも見られますが、この場合は外壁の面積が増えるため、どうしてもコストも上がってしまいます。できるだけコストを抑える方法として、天窓を設置する事例もあります。
天窓を設置する場所としておススメなのは、玄関やキッチン、リビング、洗面所、階段です。デメリットのところでも挙げましたが、特に音に敏感な方の場合は、寝室への設置は避けるのが無難でしょう。
自然の光と風がたくさん入る、天窓がある住まい。天窓のメリットとデメリットを知り、設置する位置やサイズ、さらには使う素材についてもよく検討して、最適なものを選んで、ぜひ快適な毎日をエンジョイしてくださいね。